漢方薬生薬認定薬剤師

経験によって差が出る

薬剤師全般に言えることですが、漢方薬剤師の求人はパート、正社員両方があります。

 

パートの給料は、時給1,500〜3,000円が一般的なようです。

 

社員であれば、450万〜600万円が相場です。

 

かなり差があるようですが、これは今までの経験によって左右されます。

 

全く未経験の場合は、年収300万円台もあり得ます。

 

そのため経験が乏しいうちは、新薬の薬剤師に比べて給与水準はやや低いと言えそうです。

 

もちろん経験を積んで行けば、漢方以外の薬剤師との差も気にならなくなるでしょう。

 

昔から薬剤師は、昇給よりも転職によって年収アップする人が多い業界です。

 

漢方薬剤師の活躍の場は広がりつつありますので、就職した後もこまめに求人サイト等をチェックしておくと良いでしょう。

 

ただ漢方医学の世界は現代医学に対して従事する人数が少なく、意外と狭い業界でもあります。

 

あまり頻繁に転職すると噂が広まり活動しにくくなるかもしれませんので、バランス感覚が必要ですね。


薬局や病院以外での仕事

人によっては初めから転職でなく、独立開業を目指して修行に専念する場合も多いようです。

 

話は変わって、漢方薬剤師には薬局や病院以外の求人もあります。

 

こちらもまだ数は少ないのですが、健康食品会社のショップや、美容関係のサロン等です。

 

仕事内容としては、漢方薬剤師として持っている知識と経験を活かし、来客に対してカウンセリングを行います。

 

そこで自社が扱っている商品を紹介する、やや営業的な側面も持つ立場です。

 

会社によっては、カウンセリングを通じて販売した商品の分だけインセンティブがつく場合もあります。

 

そのため基本給では薬剤師に劣るものの、賞与や歩合給を合わせると年収700万以上を稼げる可能性もあります。

 

もともと漢方薬剤師の中には、一人一人のお客とじっくり触れ合うことを希望する人が多いように思われます。

 

漢方の知識だけでなく、自分のキャラクターや人当たりの良さも十分に活かし、それに見合った給料を得たいと考えているなら、このような職場も検討してみてはいかがでしょうか。