薬剤師漢方薬局求人

漢方薬を扱う病院は増えつつある

転職サイトなどで漢方薬剤師の求人を検索すると、その少なさにやや気が引けてしまうかもしれません。

 

確かに漢方薬剤師の募集は一般の薬剤師と比べて多くありませんが、漢方薬を活用する医療機関は増えており、緩やかな増加傾向にあるようです。

 

薬学部は6年間ありますので、もしまだ入学前だったり、就職までに時間があったりするなら、今すぐ漢方薬剤師の将来性に関してあれこれ悩む必要は無いのではと思います。

 

勤務を希望する地域に漢方薬局の求人が無い場合も、病院や調剤薬局で関われる可能性はあります。

 

特に心療内科や胃腸科など、外科以外のクリニックや病院の処方箋を扱う薬局ですと、漢方を処方する機会も多くなるでしょう。

 

漢方薬剤師として専門的に活躍していると言い切れる形ではありませんが、最初のステップとしてはあり得る選択肢です。

 

あるいは首都圏など、比較的求人の多い地域の漢方薬局にまずは勤めるという手もあります。

 

そこで5年程度の修行を積み、地元で漢方薬局を開業するというわけです。

 

処方箋医薬品以外であれば、漢方薬剤師が調合した薬を販売することもできます。

 

そのため問診を電話で行い、調合した生薬を配達するという形態で、広い地域をターゲットに活躍している漢方薬剤師もいるようです。

セミナーや勉強会に出席して人脈を広げる

そして別の手段として、公開されている求人には頼らず就職活動する人も多いようです。

 

最も多いのは人づて、特に師匠からの紹介が強力です。

 

もともと、漢方薬剤師になれるだけの知識は、通常の薬学部だけで得るのは難しいと考えられます。

 

そのため学生時代から、セミナーや勉強会に出席して漢方の勉強をしている人は多いのです。

 

そうした場で得られた人脈が、将来の就職にも役立つというわけです。

 

今既に新薬の薬剤師として活躍されている人で、これから漢方薬剤師を目指そうという人もいらっしゃるでしょう。

 

薬剤師としての経験が十分にあるなら、初めから数年後の独立開業を見据えて動くのも良いでしょう。

 

その場合も、セミナー等に出席して相談できる相手は見つけておくのが得策です。

 

地域によっても差は大きそうですね。