漢方認定薬剤師

美容と健康に注目を集める漢方薬

漢方薬剤師になるには、といった情報を中心に掲載しています。

 

薬剤師として、漢方に興味を持ちそれを仕事にしてしまう方も多いです。

 

調剤薬局で働くにしても、漢方薬剤師としての仕事はより一人一人に向き合って、色々な話を聞きながら処方を考えたりすることになるそうです。

 

最近は美容と健康のために漢方薬が活用される場面も増え、興味を持つ人は増えているのでは、と思います。

 

漢方薬について深い知識を持ち、調合や販売を行うことのできる人が、漢方薬剤師です。

 

漢方とは言え薬剤師ですので、漢方薬剤師になるには6年制の薬学部で学び、薬剤師の国家試験に合格しなければなりません。

 

また、大学で学べる東洋医学の知識には限りがありますので、自力で漢方の知識を身につける必要があります。

 

自力と言っても書物を読んで黙々と勉強するのではなく、信頼できる漢方医や漢方薬剤師に師事するのが一般的なようです。

 

本だけでは得られない、最新の現場における生きた知識が必要になるからです。

 

このあたりの事情は、西洋医学も東洋医学も同じなのですね。

 

師匠の見つけ方は、セミナーや書籍経由が多いようです。

 

著名、あるいは地元で有名な漢方医や漢方薬剤師が開くセミナーに参加して、終了後に挨拶に行きます。

 

または自分にとって分かりやすい漢方の書籍に出会えたら、その著者に手紙を書いてみます。

 

どちらの場合も、自分が漢方薬剤師を目指していることを伝え、縁をつないでいきましょう。


漢方薬剤師の就職・転職

知り合った先生からアドバイスを貰ったり、卒業後の就職口を紹介してもらったりする人が多いようです。

 

現代医学のようにシステム的に整ったコースの選択肢は少ないので、少しやりづらいと感じるかもしれません。

 

中には、薬剤師国家試験に合格後、通常の調剤薬局に勤めながら漢方の学習や師匠探しをスタートする人もいます。

 

そして数は少ないですが、薬剤師の資格を持っていれば、漢方未経験でも就職可能な漢方薬局の求人もあります。

 

そうした機会を利用して修行を積み、漢方薬剤師として成長していくことが一般的な道となります。

 

独立を目指すかどうかはあなたの人生設計次第ですが、独り立ちできる確信が得られるまでは、5〜10年ほどかかるようです。

 

修行させてもらっていた漢方薬局から暖簾分けという形で独立開業する例もあります。

 

そのためにも漢方薬局へ就職しなければなりませんが、元々漢方薬局の数が少ないため、薬剤師求人、全体の中でいうと稀少な求人と言えるでしょう。

 

実際調べてみても、薬剤師求人サイトによっては数件しか出てこない事もあります。

 

求人は時期によってニーズが大きく変わってきますし、欠員募集であれば急募で短期間のみ掲載となっている場合もありますから、タイミングは大きいといえますね。

 

定期的に薬剤師求人サイトを調べる必要があると言えるでしょう。

 

もしくは薬剤師の転職を支援する転職エージェントに登録をして情報を得る方法がおすすめです。

 

希望の仕事が決まるまで、派遣や短期・単発派遣といった形で働きながら、漢方についてなど勉強の時間を確保したいという薬剤師の方もいるかもしれません。

 

薬剤師 単発といった働き方も可能ですよね。

 

また、薬剤師 土日のみ単発派遣で働きながら、時間を確保するという生活も可能でしょう。

 

色々な働き方を実現しやすいのが、薬剤師という職業といえると思います。

 

【医療職の仕事探し 関連サイト】

 

福岡 看護師単発バイト